top of page
検索
  • 執筆者の写真null null

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、体重や加齢などの影響から膝の軟骨がすり減り、膝に強い痛みを生じるようになる病気です。女性に発生することが多く、加齢、肥満、外傷なども変形性膝関節症の発症に関与していると考えられています。

膝は体重負担が大きくかかる部位であり、変形性膝関節症の発症を防ぐためには体重を増やしすぎないようにコントロールすることが重要です。さらに、膝周囲の筋力をしっかりと保持することも、膝への負担を軽減させるためには有効だと考えられています。また、病状が進行すると歩行が困難になることもあり、そのような場合には手術が検討されるそうです。 

では痩せないとダメなのかな?手術しないとダメかな?とか考えちゃいますよね😅そもそも本当に変形しているから痛いのでしょうか?

中にはそうゆう方もいるかも知れませんが当院では肥満は治せません 変形も治せません

それでも痛みがなくなる方も多くいます

なぜか? それは痛みが出ている原因をしっかりと見極めて治療してその原因になる事をなるべくしないように患者さんに理解してもらっているからです

当院では一緒に治して一緒に痛みが出にくい体を作っていくって事が大切だと考えています。

悩んだらぜひ見させて下さいね😄


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

診療時間の変更

4月より午後の診療時間が夜20時までになります(最終受付19:40) お仕事帰りや部活動後にも来院しやすくなりましたのでお待ちしております

Commentaires


bottom of page